研究業績

Publications

学術論文(査読あり) Peer-reviewed original articles

  23編 (筆頭著者 : 12, 共著者 : 11)

  23 papers (first author : 12,  co-author : 11)

  1. Masanori KOHNO, Yoshitaka NARA, Masaji KATO and Tsuyoshi NISHIMURA (Accepted): Effects of clay mineral type and content on hydraulic conductivity of bentonite‐sand mixtures made of Kunigel bentonite, Japan. Clay MineralsIF = 1.219 (2017)
  2. Masanori KOHNO and Hiroyuki MAEDA (October, 2018): Correlations between point load strength index and physical properties of hydrothermally altered rocks. International Journal of Mining Engineering and Mineral Processing, Vol.7, No.1, pp.1-13. >>
  3. Masaji KATO, Yoshitaka NARA, Yuki OKAZAKI, Masanori KOHNO, Toshinori SATO, Tsutomu SATO and Manabu TAKAHASHI (September, 2018): Application of the transient pulse method to measure clay permeabilityMaterials TransactionsIF = 0.675 (2017), Vol.59, No.9, pp.1427-1432. >>
  4. 奈良禎太・桑谷隆太・河野勝宣・佐藤稔紀・柏谷公希(2018年7月):カルシウムイオン濃度が異なる水中に保存した岩石での鉱物析出.材料Vol.67, No.7, pp.730-737. >>
  5. Masanori KOHNO and Hiroyuki MAEDA (April, 2018): Estimate of uniaxial compressive strength of hydrothermally altered soft rocks based on strength index tests. Geomaterials, Vol.8, No.2, pp.15-25. >>
  6. 河野勝宣・竹原裕太・西村 強(2018年3月):粘土鉱物の種類の違いに着目した岩質材料の物性に関する一考察.材料Vol.67, No.3, pp.324-329. >>
  7. 加藤昌仁奈良禎太・岡崎勇樹・河野勝宣・佐藤稔紀・佐藤 努・高橋 学(2018年3月):粘土の透水係数測定へのトランジェントパルス法の適用材料,Vol.67, No.3, pp.318-323. >>
  8. Yoshitaka NARA, Masaji KATO, Ryuhei NIRI, Masanori KOHNO, Toshinori SATO, Daisuke FUKUDA, Tsutomu SATO and Manabu TAKAHASHI (March, 2018): Permeability of granite including macro-fracture naturally filled with fine-grained minerals. Pure and Applied GeophysicsIF = 1.652 (2017), Vol.175, No.3, pp.917-927. >>
  9. 小野祐輔・岡本遼太・河野勝宣・酒井久和・秦 吉弥・池田勇司(2017年9月):SPH法を用いた荒砥沢地すべりの三次元解析.土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.74, No.4, pp.I_346-I_356. >>
  10. 文村賢一・西村 強・河野勝宣(2017年1月):岩質材料の変形と破壊の解析を目指した3次元格子ばねモデル.土木学会論文集C(地圏工学),Vol.73, No.1, pp.11-22. >>
  11. 加藤昌仁・奈良禎太・福田大祐・河野勝宣・佐藤稔紀・佐藤 努・高橋 学(2016年7月):岩石の透水試験における環境温度の制御の重要性.材料,Vol.65, No.7, pp.489-495. >>
  12. 河野勝宣・土田章仁・北迫勝也・池添保雄・西村 強(2016年5月):落石の斜面衝突運動に関する室内模型実験と数値解析.材料,Vol.65, No.5, pp.377-383. >>
  13. 河野勝宣・北迫勝也・池添保雄・西村 強(2015年5月):室内模型実験に基づく落石の斜面衝突時の速度変化に関する研究.土木学会論文集C(地圏工学),Vol.71, No.2, pp.81-91. >>
  14. 前田寛之河野勝宣長谷部賀宣・澤野宏樹・桧垣駿介(2014年5月):グリーンタフ地域の硬質頁岩卓越層を基岩とする流れ盤型地すべりの地質的特徴-東部北海道知床半島オシンコシン地すべり地域の例-日本地すべり学会誌,Vol.51, No.3, pp.81-89. >>
  15. 河野勝宣・前田寛之(2013年5月):熱水変質岩の点載荷強さを考慮したAHP法に基づくランドスライドハザードマッピングの試み-北海道黄壁沢-シケレベンベツ川地すべり地域の例-.日本地すべり学会誌,Vol.50, No.3, pp.121-129. >>
  16. Hiroyuki MAEDA, Takashi SASAKI, Kazuyuki FURUTA, Katsuhiro TAKASHIMA, Akihiro UMEMURA and Masanori KOHNO (June, 2012): Relationship between landslides, geological structures, and hydrothermal alteration zones in the Ohekisawa-Shikerebembetsugawa landslide area, Hokkaido, Japan. Journal of Earth Science and Engineering, Vol.2, No.6, pp.317-327. >>

  17. 河野勝宣・前田寛之(2012年1月):オン-サイトの自然含水状態における不定形供試体の点載荷強さ試験に基づく軟岩および中硬岩の一軸圧縮強さの推定-上部中新統火砕岩および砕屑岩の熱水変質岩の例を中心に-.Journal of MMIJ,Vol.128, No.1, pp.17-22. >>
  18. 中村 大・後藤隆司・伊藤陽司・山下 聡・川口貴之・山崎新太郎・鈴木輝之・河野勝宣(2011年9月):岩石の凍上圧に関する基礎的研究-岩石の凍上発生位置の強度依存性-.Journal of MMIJ,Vol.127, No.9, pp.558-564. >>
  19. 前田寛之・納谷 宏・植松 聡・河野勝宣2011年5月):熱水変質帯地すべりの地質的特徴-北海道生田原南地すべり地域の例-.日本地すべり学会誌,Vol.48, No.3, pp.139-146. >>
  20. Masanori KOHNO and Hiroyuki MAEDA (April, 2011): Estimate of uniaxial compressive strength of hydrothermally altered rocks from northeastern Hokkaido, Japan, based on axial point load strength test results. International Journal of the JCRM, Vol.7, No.1, pp.17-23. >>
  21. 河野勝宣・前田寛之(2011年1月):点載荷強さ試験に基づく熱水変質岩の力学特性-北海道北東部地域の例-.Journal of MMIJ,Vol.127, No.1, pp.14-19. >>
  22. 河野勝宣・前田寛之・鹿毛一平・小竹純平・仁井太陽(2010年12月):スメクタイトを含む岩石の円柱(縦)点載荷強さ試験方法.土木学会論文集C,Vol.66, No.4, pp.859-868. >>
  23. 河野勝宣・前田寛之(2010年1月):軟岩-中硬岩境界領域におけるスメクタイトを含む細粒凝灰岩の円柱(縦)点載荷強さと一軸圧縮強さとの関係-北海道生田原南地すべり移動体の上部中新統生田原層の例-.日本地すべり学会誌,Vol.47, No.1, pp.17-25. >>

論文ダウンロード Paper download >>

English ver.